我が家の梅
2018/07/15(Sun)
IMG_20180610_104826.jpg



今年も我が家の梅の木に、たくさんの梅の実がなりました。さて、何を作ろうか、と考えて、梅酒は去年作ったのがまだあるし、今年は梅シロップ、梅酢、梅干しのハチミツ漬けを作ることにしました。

梅シロップは、昔母がよく作ってくれて、とてもおいしかったのを覚えています。一番簡単なので最初に作りました、

次は、梅酢ですが、黒砂糖に黒酢を使いました。やっと出来上がったので、さっそく炭酸で割って、黒酢スカッシュにして飲んでみましたが、おいし~い!見るからにおいしそうではありませんか。


IMG_20180706_162340.jpg



そして問題の梅干しのハチミツ漬け。焼酎で消毒してから、塩、ハチミツと入れていきます。


IMG_20180611_115612.jpg



今日は晴天が続きそうな暑い日だったので、ザルに入れて干しました。三日三晩干すんですかね。夜はやはり家に入れた方がよさそう。


IMG_20180715_101856.jpg



さてさて、陽も陰ってきました。明日また干すことにいたしましょう。
お味のほどは? わかりませんね。


IMG_20180715_132354.jpg






この記事のURL | 日々徒然 | CM(2) | ▲ top
南部鉄器フライパン
2018/05/01(Tue)
南部鉄器フライパン



お久しぶりです。
最近のお気に入りが、この南部鉄器フライパンなんです。どーんと重くて大変ですが、使えば使うほどよさがわかってきて、すっかりとりこになっています。

まず、使い込むことによって油がなじみ、焦げ付きにくくなり、黒い南部鉄器には艶が出てくるんですね。一度温まると熱を逃しにくい特性があり、熱を全体に伝えて温度にムラがない。また、冷めにくい。

洗剤で洗うと、使い込んでなじませた油が落ちてしまうので注意とか。わ~、知らなかった。タワシで洗うだけでいいんですね。

鉄分も摂取できるため、貧血防止にもなります。

ちょっと重いのが大変ですが、安定感がある、と思って頑張って使いましょう。




この記事のURL | 日々徒然 | CM(3) | ▲ top
おいしい蕾菜(つぼみな)
2018/03/21(Wed)
作っている方からいただきました。福岡県で品種改良された野菜みたいですね。

名前もかわいいですね。からし菜の変種だそうで、大きな株から出てくるわき芽(蕾)の部分を収穫して食用とするのだそうです。

こりこりとした食感、春を思わせる蕾の形、火の通りが早く調理し易い、などの特徴があります。

血圧降下や、精神の安定にもいいとか~。

1月下旬から3月中旬までの、旬の短い野菜なんですね。

さっそくいただきましたよ。昨日はパスタに入れて、今日は天ぷらにして、どちらもとてもおいしかったです。また食べたいなあ。


蕾菜



この記事のURL | 料理 | CM(2) | ▲ top
宮尾登美子「錦」
2018/03/05(Mon)


錦



久しぶりに宮尾さんの作品を読みました。今までにも、酒造り、絵、琴、茶道、懐石料理、歌舞伎などいろいろな世界に生きる女性を描いてきた宮尾さん。今回は、京都西陣織の世界で、しかも主人公はなんと男性なんです。

女性を飾るきらびやかな帯を、衣服の域を超えて芸術品にまで高めた龍村平蔵(本の中では、菱村吉蔵)の生涯を描いています。彼がいかにして、京都西陣で織物会社を立ち上げ、いかにして新しい織り方や新しい模様を開発していったか、そしていかにして織物を美術品の地位にまで高めたか、いかにして法隆寺や正倉院などに伝わる国宝級の古織物の復元をまかされたか、を情熱を重ねて描いていますね。

宮尾さん自身も「私もかって少女時代、思わず人が振り返るような、あの龍村の帯を締めてみたかった」と言われています。しかし斬新さゆえに、コピー商品に悩まされ、長年「西陣」との戦いだったようです。

彼のまわりを取り巻く3人の女性の描き方は、さすが宮尾さんの世界、彼女たちの献身、苦悩をみごとに書き表しています。

主人公のあくなき創作意欲に、宮尾さんの情熱が重なり、まさに「錦」のような作品に織り上げられていると言えますね。







この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
イル・ヴォーロ
2018/02/26(Mon)

7.jpg



オリンピックも終わりましたね。たくさんの感動と楽しみを与えてもらった2週間でした。

ところで、フィギュアスケートのエキシビションで羽生くんが演じた「白鳥」、まるでバレリーナのようで素敵でしたね。流れてきた歌声を聞いて、あれはイル・ディーボだね、と話していたのですが、なんと違っていました。イル・ヴォーロでした。

イル・ヴォーロ(IL VOLO)とは、「The Flight(飛行)」という意味で、イタリアの若い3人のテノール歌手によるユニットなんですね。世界に羽ばたいて飛んでいく、というイメージでしょうか。

当時14~15才の3人の子供がまるで大人のテノール歌手のように歌う様子が、イタリアの音楽界の大御所の目に留まり、その後世界各国でアルバムがリリースされ、コンサートを通して、3人は歌の才能を証明し、観客を圧倒することになったのですね。何て甘~くて美しくて、力強い歌声なんでしょう!眼鏡をかけた歌手の声がと~っても素敵!

2016年には、ドミンゴと競演し、彼は、「多くの人々が、クラシック音楽を聞くようになったのは、パバロッティ、カレーラス、そして私が歌った三大テノールのコンサートだった。この若い3人の青年は、私達の思いを継いでくれている」と語ったと言われている。

イタリア最大の音楽の祭典である「サンレモ音楽祭」で優勝を飾り、今まさに世界へ羽ばたいているのですね!素敵な彼らの歌声をお聞き下さい→ここ







この記事のURL | 音楽 | CM(2) | ▲ top
ただただ感動!
2018/02/17(Sat)
men_yuz_smile.jpg men_yuz_soukatsu.jpg men_yuz_1.jpg 20180217men_uno_1.jpg 27973590_1780717818661945_4225587066098235429_n (1) 20180218s00079000225000p_thum.jpg




素晴らしい、そしてとっても美しいジャンプでしたね!演技を終わった後の羽生くんの感極まった涙の表情が、今までがどんなに苦しい時期だったかを物語っていましたね。宇野くんも素晴らしかったです。すごいですね、日本人!
羽生くん、今夜は眠れないかもしれませんね。オリンピック2連覇、ほんとうにおめでとうございました!



この記事のURL | 日々徒然 | CM(2) | ▲ top
高橋一生さん❤
2018/02/03(Sat)
高橋一生さんがすっかり気に入っている私です。

「おんな城主直虎」の小野政次役をしている頃から素敵だなあ、と思っていましたが、朝ドラの「わろてんか」の伊能栞さんがとてもお気に入りの毎日です。彼は、いろんなドラマや映画にも出て、今ブレイクしているようですね。

「わろてんか」では、最近は伊能さんの出る場面が多くなり、うれしいことです。彼は、エンターテインメントに関心があり、日本に華やかなショービジネスを根付かせていくようですね。これからが楽しみです。


素敵な写真を載せますね。




高橋一生 高橋一生1 高橋一生2 高橋一生3





この記事のURL | 日々徒然 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ