FC2ブログ
大橋鎭子(しずこ)さんと花森安治さん
2016/08/19(Fri)
NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」がなかなか面白いです。全体的に品があって、優しさがあって、前向きでいいですね。常子さんますますきれいになってきましたし、本の出版も軌道に乗ってきたようでホッとしています。

気に入った回は、一日何回も見ています。

図書館で、「暮らしの手帖 二人三脚物語」を借りて読みました。テレビドラマとは違った箇所もあるのですが、何よりも二人の関係がいいですね。そして、花森安治さんのすごさにびっくりもしました。


子供のころ北海道の野原で、怖いもの知らずに子供グループのガキ大将として1日中遊んだ鎭子。この、北海道の大地で自然児のように育った体験が、後に「暮らしの手帖」を創刊し、幾多の困難を乗り越えて成功に導いた強靱な性格の原点だったようです。

花森安治と本の出版を計画したときの方針は、「女性に役立つ雑誌 暮らしが少しでも楽しく、豊かな気分になる雑誌 なるだけ具体的に、衣食住について取り上げる雑誌」 だったという。

たとえば料理。 「花森に取材の段階で怒鳴られ、原稿の下見で怒られ、書き直しを命じられて、やっと書き上がった原稿を読んで、素人が作って合格点を得た料理記事ーそれが暮らしの手帖の定番料理記事だった。」

花森はよく怒ったという。それも窓ガラスがピリピリ震えるほどの剣幕で怒った。怒りは担当者全員に、その大声から編集部全体に向けられた。どのようなプランが彼の逆鱗にふれたのか。

上から人を見下すようなプラン
弱者の手をひねるような無慈悲なプラン
暮らしをないがしろにするようなプラン
正義面をするプラン
読者に説教でもたれようかとするプラン

このようなプランのニオイをかぎつけるだけで、花森は怒髪天を衝くいきおいで怒り出したという。

「暮らしの手帖」に菊池寛賞がおくられた。このことに関する記事がある。

「読者のためを思う誠実は、雑誌の仕事の上に現れる。読者のために役立つか立たないか。これが一番簡単な判断の方法である。ゴマカシのきかない事実である。だからいい雑誌は、ページ数ではなく中身がずっしりと重く、編集の丹念さが、まるで掃除の行き届いた住宅のような美しさを作り出しているのだ、暮らしの手帖が成功した秘訣などというものはなさそうである。結局は、この編集部の誠実さということにすべてが帰着するのである。」

ほんとうにいい批評ですね。

花森は死去する一ヶ月ほど前、23年職場を共にした分身のような鎭子に次のような言葉をもらしていた、という。

「ぼくがもし死ぬようなことがあっても、必ず、もどってきて、この編集室のどこかに宿って、みんなのことを見てやるから、どんなことが起こっても、自分たちの考え通りに思う存分な仕事をしなさい。」

あ~、感動。

鎭子は言っている。
「私達は花森さんのものすごく厳しい教育を受けました。その厳しさは並大抵のものではありませんでしたが、今日まで、見よう見まねでやってこられたのも、その教えのおかげだったと思います。皆、仕込まれ、教えを受けて、ちゃんとした人になったのですね。皆が責任者のつもりで働き、根性のすわった雑誌ができたと思うのです。」

鎭子は80才を過ぎても、毎日出社し、第一声は「何か面白いことはありませんか」だったという。面白いこと、つまりひとが豊かに美しく暮らしていくために、役に立つ、新しい工夫と発案、などを指すのでしょう。

家族の中心となって80年。10才で父を亡くしてから、家族を自分が守るのだという気持ちの強さが原動力となった。そして90才を超えても出社し、「何か面白いことはないの」と問い続けていたのですね。

そして、93才、大橋鎭子と花森安治の”二人三脚”の旅は、終わったのでした。



P1010356(1).jpg




この記事のURL | | CM(4) | ▲ top
<<スロージョギングと風船バレー | メイン | ボサノバ~♪>>
コメント
- 良い二人三脚ですね!🌹 -
レン君へ 何時も良い解説を送っていただき、ありがとうございます。羨ましいコンビだったのですね!( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆良いお仲間も素晴らしいのですが、鎮子さんの人格が一番重要だったと感じています。ありがとうございました。
2016/08/27 10:17  | URL | グランドじーじ #Jtcj8rf6[ 編集] ▲ top
- 見てらっしゃいますか -
グランドじ~じさんも朝ドラを見てらっしゃいますか。

あの時代に結婚をしないで仕事に打ち込んだ女性は少なかったでしょうね。でも結婚の幸せにも劣らない喜びを見いだしたのではないでしょうか。

ちょっとうらやましいです。
2016/08/27 20:22  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
- 見ています。 -
レン君へ 朝はグランドゴルフの時刻と重なっており見ることができません。でもお昼に見るようにしています。あの時代には、家族のためいろいろ犠牲にされた方々も多かったとのではとも思いますが、彼女は仕事が楽しかったとも見えます。きっと楽しんでいたと信じています。
2016/08/29 07:37  | URL | グランドじーじ #Jtcj8rf6[ 編集] ▲ top
- 涼しくなりホッとしています -
あの「暮らしの手帖」のような、業者に嫌がられようと強い正義感で商品試験を続けた人達がいたおかげで、今の日本には、細やかなところまで注意の行き届いた素晴らしい商品が出来たのでしょうね。

秋は行事が多いですね。頑張って乗り切りたいものですね。グランドじ~じさんよろしくお願いいたします。

2016/08/29 09:30  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |