FC2ブログ
大谷吉継
2016/09/08(Thu)

大谷吉継のすべて



先日のNHKの「英雄たちの選択」で、大谷吉継を取り上げていて、日本人に抜群の人気を誇る武将だという。あまりなじみがなかった私は、いったいどんな人物なのだろう、とさっそく図書館で「大谷吉継のすべて」という文庫本を借りてきました。

彼は、こんなに人気があるのに、両親のことや出生地などもあまり知られていない、という。この本は、小説ではなくて、そのわずかな資料から彼の生涯を詳しく書き留めているのです。

関ヶ原の戦いでは、親友の石田三成に挙兵を持ちかけられるが、「思い直されよ。勝ち目は薄い。時節を待つのじゃ。」と諫め説得します。しかし、三成は、「時期は今をおいて無い。家康の力は増大するばかりじゃ。こちらに勝ち目は充分にあろうぞ。」と言い張り、吉継は、負けるとわかっている西軍に参戦する。つまり吉継は、三成との友情に殉じたのですね。こういう人格者たるところが人気があるのでしょう。

ハンセン病を患っていたと言われており、常に顔を白い布で隠していたことでも知られていますね。末期になると、馬に乗ることも難しくなり、4人担ぎの輿に乗って指揮に当たっていたという。

関ヶ原の戦いでは、最初は優勢だった西軍ですが、小早川秀秋の軍が東軍に寝返ったことで、大谷隊は壊滅する。


敦賀市の公認キャラクターの「よっしー」です。地元では皆に愛されているんですね。



大谷吉継(よっしー)


関ヶ原の戦いは、9月15日だったのですね。NHKの大河ドラマ「真田丸」も、まさに時期を同じくして、関ヶ原の戦いに入りますね。楽しみです。前回の真田父子の「犬伏の別れ」には、ほんとうにこちらも涙しましたね。素晴らしい場面でした。

「いずれまた三人で飲める日が来ることを祈ろう」と誓い合い、昌幸・信繁と信幸父子は「敵味方」に別れ、関ヶ原の戦いを迎えることに。そして、このときの約束通り、戦いの後に兄の尽力で、父子は死を免れるのです。そして兄のおかげで真田家は繁栄したのですね。感動~~。




この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
<<10月ですね | メイン | スロージョギングと風船バレー>>
コメント
- 勉強になりました -
何と男気のある、そして義を貫いた吉継を
知れば知るほどに、魅力ある武将だったのですね。
「私がおぬしを勝たせてみせる」と三成に言った言葉にも厚い友情が込められていますものね。

吉継は三成に隠れて余り取り上げられなかった感がありますが「真田丸」では二人の関係が、よく描かれていて、勉強になりました。

天下分け目の大いくさが終われば、この二人は画面から消えてしまうのですね。
もったいないし、寂しい!

小早川秀明が寝返らなければ、少しは歴史も変わっているかしら・・・。
憎き、秀明!!!
2016/09/10 18:51  | URL | しいちゃん #vq.XT7B2[ 編集] ▲ top
-  -
私は山本耕史が好きなので、いなくなるのはとても残念です。
小早川秀秋は、最後の最後まで決心がつかなかったようですね。
昨夜の秀忠の話も面白かったですね。

広島、優勝しましたね。ホークスはどうしたんでしょう😥
2016/09/10 21:43  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |