FC2ブログ
燃えるような情熱!
2017/03/02(Thu)


P1010528(1).jpg


私が所属している、風船バレーの普及ボランティア団体である「やまびこの会」の広報紙である「やまびこ」。これの第1号から最近の第74号までが欠かさず保存してあることがわかりました。ど~んと重たいファイル2冊になっています。

何と、第1号は平成10年の6月1日発行。それ以来、年に4回きちんと発行されています。最初は、25名のボランティア団体として発足したんですね。もう今年は20年目の節目の年を迎えるわけです。

最初は白黒印刷のものですが、途中からは立派な写真用紙に印刷されて保存してあり、今から風船バレーを広めていこうという方達の、それこそ「燃えるような情熱」が感じられるのです!いや~、感動!とても面白くて、今や我が家の夜の読書はもっぱらこの「やまびこ」の新聞になりました。

20年間にも及ぶ「やまびこの会」の歴史が、それを作ってきた人達の熱い思いが、あちこちにあふれていて、何だか心にジーンとくるのです。いろんなボランティア団体との活動、パソコン教室を開いてのパソコン研究、そして燃える思いで風船バレーをあちこちへと広めていったのですね。

その新聞作りをしてきた方達の広報部を引き継ぐ私達にとっては、何だか身の引き締まるような感動を与えられた思いがします。

これが第1号です。


P1010529(1).jpg





この記事のURL | 風船バレー | CM(6) | ▲ top
<<旅立ちの春! | メイン | 愛媛マラソン!>>
コメント
- 20年はすごい! -
2冊のファイルには「やまびこ」の皆様のボランティア精神が満ちあふれていることでしょうね。

第1号に「一市民一ボランティア」の言葉が目に止まり、私は何かしているだろうか、と自らに問うてみる機会を与えてくれました。

2冊のファイルは貴重なアーカイブスですね。

広報部、やりがいがありますでしょ?
がんばって下さい。
2017/03/03 19:15  | URL | しいちゃん #vq.XT7B2[ 編集] ▲ top
- ありがとうございます -
しいちゃんさんのコメントも素晴らしいです!読みにくい新聞をよくぞ見ていただきました。そうなんです、「やまびこの会」は、風船バレーをして楽しむだけの会ではなく、こんなに素晴らしいスポーツをもっとたくさんの人に知ってもらいたい、という普及の精神が基本なんです。

最初は、ちょっとシンドイかな、とも思いましたが、しいちゃんさんがお読みになられたとおり、1市民なら1つボランティアをしなければ、という気持ちになって、広報部も頑張っています。

広報部は人数が少なくて、私はパソコンの技術もまだまだ怪しいのですが、何とか教えてもらいながらやっています。新聞ってちょっと普通のワードとは違う難しさがあるんですよね。ご一緒にやっていただけませんか。

2017/03/03 20:59  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
- 感謝 -
広報部長を引き受けていただき感謝します。
私も大切に保存しています。定年後の私の宝です。記事の行間に思い出が山ほどあります。「やまびこ」のボランテア活動をして得るものが沢山ありました。友人も沢山与えていただきました。
すべて感謝です。
2017/03/04 22:44  | URL | inotadaです #-[ 編集] ▲ top
- 感動しています -
inotadaさんの言葉「燃えるような情熱」を使わせていただきました。新聞を毎晩読んでいますが、よく見ると、用紙も立派な写真用紙にして保存してあって、皆さんの思い入れが感じられます。

広報部のあり方で、「やまびこの会」の向かう方向も決まっていくのでは、と思われ、まだ日の浅い私にはちょっと荷が重いようにも思えます。

いろいろと皆さんと相談しながら進めていきたいと思いますので、また力になってくださいませ。

2017/03/05 10:38  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
- 楽しみですね。 -
レン君へ 素晴らしいお宝を持っておられるのですね!昨日トチりながら、私の願望を言いました。一歩でも近かづいて欲しいと願っています。そのためにも貴女の広報のお力添えを戴ければ百人力と信じています。是非ともご活躍下さい。
2017/03/24 15:57  | URL | グランドじーじ #Jtcj8rf6[ 編集] ▲ top
- ご覧になってください -
グランドじーじさん、総会ではお疲れ様でした。

この20年間の新聞のファイルは、黒川さんから受け継いだもので、とても素晴らしいもので、主人もすごく感激して読んでいます。井上さんも同じものを持ってらっしゃるようですよ。行間に山ほどの思い出がある、とおっしゃってらっしゃいます。

「やまびこの会」の先輩の方たちの熱い思いを改めて感じさせる新聞です。今の会員の方達にも読んでいただきたい、という思いが強くなりました。
2017/03/24 21:20  | URL | レン #Kl26ezCs[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |